CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
<< 2016年イベント初め!木城MTBチャレンジ90分 | main | 豊後水道クルーズ&ライド2016春 >>
南小国MTBエンデューロ
0
    2016年3月13日 数年前から世界的に流行しているMTBのエンデューロスタイルのイベントが熊本の小国で開催されるとのことで参加してきました。スタートののちコース上に設定されているSS(競技区間)でタイム計測をしながら順位を競い、リエゾン(中継ぎ区間)も時間内に走り切りゴールを目指すというもの。


    競技説明。自分も含めエンデューロ初参加という方も多く、少し不安もありましたが、案外リエゾン区間の時間制限がゆるく、だれでも気軽に楽しめるイベントになっていました!


    SS1までのリエゾン区間。とりあえずここでウォーミングアップ!


    SS1スタート地点。いよいよ競技区間が始まるのでドキドキでした!


    SS区間は走りに集中しているため写真は無しです!
    走り終えての感想ですが、エンデューロのSSはダウンヒルコースのイメージがあったのですが、
    今回のSS1は意外とアップダウンがあり、キツカッたです(*_*)リエゾン区間でもう少し心拍を上げておけば良かったのかな?


    体力を出来るだけ消耗しないようにリエゾンをこなしSS2へ


    SS2はほぼ下りのみのコース。うねったジープロードで少々難易度が高かったですが距離が短めで良かったです!


    SS3までのリエゾンは5キロ以上。それでもみんなでワイワイ話しながら進んで行けたので意外と短く感じました。


    そしてこの区間の途中にエイドステーションが設置されていてランチタイム!


    開催地域の方々のお手製ランチ。温かくて格別でした!


    SS3のスタートまで余裕の時間設定だったのでしばしたき火を囲んでの談笑。いいですエンデューロスタイル最高です!


    そしてSS3へ。阿蘇・小国は野焼きの時期。
    丁度コースの一部が野焼き直後でした。


    そして早くも最後のSS。ここが最長の4キロ弱のステージ


    砂利が多い、ダブルトラック。これまたアップダウンが多く思いのほか漕ぎのステージでした(^_^;)
    いやー結構、心拍上がりましたよ(笑)


    それでもみんな無事にゴ〜ル。トラブルもなく楽しく走りきれました!



    MTBエンデューロは競技区間とリエゾン区間がありそのトータル距離が長いのとSSのバリエーションが異なるため、ベストなバイク選択が難しいですね。普段のトレイルも同じ事ですが登り下りもひっくるめて考えて自分が一番乗りやすいバイクがベターなんだと思います!今回、自分はフルサスペンションバイク(ストローク調整可能なもの)で参戦しましたが、登りもある程度軽く登れて下りは安心して走れるので初見で走るコースに対応するには良いバイクだったと思いました。まあ要するにエンデューロはどんなバイクでも楽しめる要素があるイベントってことでもあるんですね!(笑)

    タイム計測以外のリエゾン区間も一応制限時間があるものの今回の大会では緩やかに小国の里山を楽しみながら走ることができましたし、地域の方々のおもてなしランチもすばらしく、里山トレイルライドを大満喫することができました!
    MTBエンデューロは今後も開催されていくと思いますので是非いろんなMTBで参加していきましょう。

    今大会の主催者側の皆様、楽しいイベントの開催本当にありがとうございました。また機会がありましたら参加させていただきたいと思います!
    小国郷MTBコースリンク

     
    | - | 23:12 | - | - | - |